計画相談支援について

どのように利用するか

■計画相談支援の対象者

●「障害福祉サービス」を利用したいと考えているしょうがいのあるご本人。または、ご家族。
●狛江市にお住いのしょうがいのある方。
●入院前・入所前の住所地が狛江市にある方への支援を優先しています。

■計画相談支援

●サービス利用支援(計画作成)

障害福祉サービスを利用するには、相談支援専門員と一緒に作成する“サービス等利用計画”が必要です

しょうがいのあるご本人が希望する暮らしを実現していくために、ご自身に合った障害福祉サービスを探したり、いくつかのサービスを組み合わせたりする必要があります

“サービス等利用計画”は、しょうがいのあるご本人の興味や関心、ご希望等を伺った上で、必要な支援や手立て一緒に考えながら作成します

計画作成にあたっては、はじめて顔を合わせてから、概ね1週間〜3週間程度のお時間をいただいております

●継続サービス利用支援(モニタリング)

“サービス利等用計画”を作成し、障害福祉サービスの支給が決定したあと、それらのサービスを希望通りに利用できているか、定期的・継続的に「見守り」・「確認」させていただきます

たとえば、実際に障害福祉サービスを利用してみてどうだっかという感想や、感覚のズレを確認したり、サービス提供事業所の担当者などに言いづらいことなどを伺うことなどをいたします

必要に応じて、サービス提供事業所とも連絡を取り合い、適切な利用頻度か、マッチングはどうかなどを確認しその後の支援に反映させていきます